予防歯科

予防歯科について

当院では、むし歯や歯周病などを未然に防ぐ「予防歯科」に力を入れているのが特徴です。
歯が痛くなってから歯科医院に来院するのではなく、痛くなる前にお越しいただければ治療の痛みや来院回数などを最小限に抑えられます。
定期的に歯科医院で検査やメインテナンスを受けて、生涯むし歯や歯周病とは関係ない口腔環境を手に入れましょう。

歯を予防するメリット

  • むし歯・歯周病予防

    予防を重視した治療により口内環境が改善し、むし歯や歯周病の予防につながります。定期検診を怠らなければ、むし歯ができても初期のうちに対応でき、歯や身体にかかるダメージを減らした治療が可能です。

  • 治療の負担が減る

    むし歯や歯周病の予防ができていれば、定期健診では歯のクリーニングなどの処置で済みます。良好な口内環境を維持でき、治療期間や回数が増える治療の必要もなく、結果的に治療費を抑えられるのです。

  • 治療の時に痛くない

    進行したむし歯や歯周病の治療は、大きく削ったり、抜歯したりなどの処置が必要です。痛むなどの症状も悪化し、身体にかかる負担も増える恐れがあります。予防歯科により歯の状態も良くなるため、痛みの少ない治療を行えるのです。

  • 将来自分の歯が残る

    繰り返しの治療は歯にダメージがかかり、寿命を短くする原因になります。むし歯で歯を削ったり、歯周病で歯周組織が破壊されたりすると、歯がもろくなってしまうのです。予防歯科によりむし歯や歯周病を防ぎ、歯にダメージを与えない治療を提供でき、ご自身の歯の寿命も長くなります。

歯科医院で行う予防

PMTC

PMTCでは歯科専用の治療器具と研磨剤を使用し、歯を隅々まで磨み上げる処置のことです。歯に付着した歯垢(プラーク)やバイオフィルムなどの細菌、ステインといった着色汚れを徹底的に除去します。処置で歯や歯茎が傷つく心配は、ほとんどありません。処置後は口臭を防ぎ、細菌がつきにくい状態を維持できます。

歯石除去

歯磨きを頑張っていても、わずかな磨き残しが時間の経過とともに歯石となります。指や歯ブラシでは、決して取り除けません。歯石の表面は小さな穴が無数に開いており、細菌がさらに繁殖し、むし歯や歯周病を悪化させる原因になります。歯科医院で定期的な歯石の除去を行い、清潔な口内環境の維持をめざしましょう。

SRP

歯周ポケットの内側に付着した歯石はもちろん、歯根面に付着したセメント状の汚染物質も取り除きます。歯ぐきの再接着で歯周ポケットも浅くなり、歯周病の改善が期待できます。

口腔内診査

レントゲン撮影や歯周ポケットの検査、視診によるチェックなど、さまざまな検査で口腔内の現状を明らかにしていきます。

TBI(ハミガキ指導)

今の磨き方のクセを踏まえて、当院の歯科衛生士が正しい歯磨きの仕方を指導いたします。ケア用品の選び方や使い方も同様にアドバイスいたしますので、ご自宅でも充実したセルフケアに取り組めるようになります。

家でできる予防

ブラッシング

食事の後の食べかすや歯垢を残留させないためには、毎日の歯磨き(ブラッシング)が不可欠です。むし歯や歯周病を引き起こす原因となる細菌の巣・歯垢を確実に除去できる歯磨きを行うことを意識しましょう。

歯間ブラシ、フロス

歯ブラシが届かない場所に約20%の歯垢が滞ります。これを除去するために役立つアイテムが歯間ブラシやフロスです。これらのアイテムを駆使しながら、歯の隙間の汚れをケアしましょう。

ページトップへ